記事一覧

【SMシーズン2使用構築】カバガルゲッコ呪いミミッキュ 【最高1973】

1770くらいから使用して連勝を重ね1973までは上がったが、そこから思うように上がれず200ほど溶かして断念。

呪い身代わり痛みわけ@1のミミッキュと猫不意ガルーラの組み合わせに興味を持ちこの2匹からスタート。
こちらのミミッキュとガルーラ、メタグロスが対面した時の引き先としてカバルドン。カバガルミミッキュではマンダ軸に対しての崩しが乏しいのでそれらをさばけそうな草Zめざ炎ゲッコウガを採用。
ミミッキュの呪いと相性がよく見た目テテフパルに強くなれる身代わり爪とぎメガメタグロスを次に採用。
周りで削りをいれた後最後の掃除役にもなれギャラパルが1回積んでも上から殴れるように最速スカーフコケコを最後に採用し以下の6匹となった。

trainercard-rei.png

個別紹介を並び順に記載。


450f.gif
luxuryball.png
カバルドン@ゴツメ
特性:砂おこし
性格:腕白
数値:215(252)-132-165(92)-*-113(164)-67
技:地震/あくび/ステロ/吹き飛ばし

HD:C182までの拘り眼鏡カプ・テテフのサイコフィールドサイコキネシスを最高乱数以外耐え

初手のミミッキュとガルーラメタグロス対面での引き先なので削りが行えるゴツメ。
後続の圏内に入れるためのあくびステロ、起点回避の吹き飛ばし。



115m.gif
safariball.png
ガルーラ@石
特性:肝っ玉→親子愛
性格:陽気
数値:181(4)-175(236)-121(4)-*-122(12)-167(252)
技:猫だまし/捨て身タックル/不意打ち/炎のパンチ

ミミッキュの呪いと相性のいい猫不意、猫だましと合わせて100族より遅い相手に多く削りを入れられる捨て身タックル。鋼への打点として炎のパンチ。この技構成ではガブリアスと対面した時に安定しないので、意地っ張りにし猫不意秘密炎のパンチで6世代仕様のガルーラを使用したかった(ガブを秘密不意で縛れないのほんまに痛い)。



greninja.gif
greatball.png
ゲッコウガ@草Z
特性:変幻自在
性格:臆病
数値:149(12)-*-106(148)-143(156)-92(4)-182(188)
技:れいび/めざ炎/草結び/水手裏剣

HB:A200ガブリアスの逆鱗を乱数上3つ以外耐え
S:最速ジャローダ抜き

マンダマンムーナットレヒレのような並びを崩すためこの技構成と持ち物に。調整は6世代の信用可能ゲッコウガ(王冠を使用している)。
草結びZで177-150カプ・レヒレに確定ではなく乱数になってしまうがレヒレが苦手なカバルドン以外はカプ・レヒレの上をとって殴れるやつばかりなので落とせずともあまり気にはならなかった。
ガブリアスにまともに受け出しが出来る駒が少ないのでスカーフガブであろうとも強きに居座れるこの調整はマッチしていたように思う。
が、シーズン終盤は草Zゲッコウガの認知度が高まったのか打ちたい相手に草Zを打たせてくれないことが多く使用期限が来てしまったのかと思うばかりであった。



metagross-mega.gif
pokeball.png
メタグロス@石
特性:クリアボディ→硬い爪
性格:陽気
数値:185(236)-167(12)-171(4)-*-131(4)-178(252)
技:思念の頭突き/地震/身代わり/爪とぎ

HB:いじガッサのテクニマッパを乱数で身代わりが耐える→ダメージ40~48、身代わりHP46
HD:無振りスイクンのねっとうを最高乱数以外身代りが耐え

6世代の時に使用していた調整と技構成をそのまま採用。思念の頭突きをコメットパンチかアイヘに変えテテフ等カプへの打点にしたかったがウルガリザが相当重めの構築なため思念を採用し、ナットレイを起点にした際の打点やミラーを意識して地震で使用。
耐久に努力値を回しているため一発は耐えてくれるであろう安心感とミミッキュの呪いと相性はいいが今一爆発力にかけたため範囲を重視し身代わり+3Wにするかもしくは身代わりを採用した3Wメガゲンガーに変えたほうがあっていたのではないかと連敗中に思うようになった(実際ゲンガーに変更し試したがそれでも勝ちあがれなかったので組み方が弱い・・・)。



mimikyu.gif
moonball.png
ミミッキュ@フェアリーZ
特性:化けの皮
性格:陽気
数値:131(4)-142(252)-100-*-125-162(252)
技:じゃれつく/呪い/身代わり/痛みわけ

A:じゃれつくZで155-90バシャが確定1発程度の火力

回ってきた記事や配信等を見てむちゃくちゃ強そうだと思い採用した今回の始点。
ミミッキュより遅いやつは基本エサとしかみておらず受けまわししてくる構築に非常に刺さったので、爽快感に溢れていた。
が、粘れるということは被弾回数も増えるわけで何度れいび氷や放射火傷を被ったか覚えていない。
ジャロゴーリ等の運で勝負を仕掛けてくる奴やバトンへの対策にもなるのでこれからも使っていきたいと思えるほど強かった。



tapukoko.gif
premierball.png
カプ・コケコ@スカーフ
特性:エレキメーカー
性格:臆病
数値:145-*-105-147(252)-96(4)-200(252)
技:10万/マジシャ/ボルチェン/草結び

他5匹で削った後の掃除役として一貫が作れれば止まらない最速スカーフ。
ギャラパルが嫌いなので1度積まれてもそいつらを処理出来るスカーフコケコは頼もしかった。
一度も当たらなかったがトノグドラに対しても選出していく予定だった。



【雑感】
構築作成当初はスイスイレートが上がり2000には乗れるだろうと思っていたが、結果的には達成出来ていないため自身の弱さを痛感したシーズンと共にXYのシーズン2でも似たような流れでレートを溶かしていたのでまるで成長が見られない。
サンムーンが発売して早4ヶ月もたつのに未だ2000にすら乗れていないので来シーズン以降は精進していきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント