記事一覧

【S7シングル使用構築】Sand Stream Poison Burn【最高2002/最終1903】

【構築経緯】コケコランドバシャゲッコミミナットというサイクル構築を使用している際に、相手のアーゴヨンに対する処理が不明慮だったことに厳しさを感じ先述の並びを解散。そんな時にツイッターにてむくれねこさんの2100達成ツイートにあった構築*1を見て、バンドリがアーゴヨンの処理に有効な手段である(陽気砂かきドリュウズはSが1段階上昇したアーゴヨンを抜ける、バンギラスはチョッキを持たせれば悪巧み流星群Zすら耐える)...

続きを読む

【SMシーズン6使用構築】フーディン分身バトンバシャ展開

【構築経緯】電磁波という技に魅力を感じ、電磁波を撒いてから展開することを考えた。電磁波撒き要因として、メガゲンガーやゲッコウガよりも早くバシャ対面では加速をトレースすることにより抜かれないメガフーディンを採用。フーディンが呼ぶ鋼や悪などを身代わり分身の起点に出来るバシャーモ。分身バトン先のエースとして身代わりを持ち、フーディンで麻痺状態になった鋼等も強引に突破出来る印パルシェン。この3体を基本選出...

続きを読む

【第3回完熟オフ使用構築】状態異常撒きミミッキュ+カバ展開【予選6-2 3位】

【構築経緯】ミミッキュでストップされない「永久保障ポリゴンZ」*1と鬼火,電磁波,呪いを持たせた起点作りミミッキュからスタート。ポリZとの積みの相性がよく、ポリZの起点対象を選出させるメガボーマンダ。ミミッキュ以外での起点作成要因としてHDカバルドン。プレイングや技構成次第で相手のバシャレボルトレヒレに1匹で対処出来るフェアリーZ瞑想カプ・コケコ。最後にレボルト,ナットレイに有効打点があり、ストッパー要因にな...

続きを読む

【SMシーズン5の構築】コケコカバ展開Ver.1.4.0

ベースはそのままに中身を変更したもの。コケコカバ展開@オボン慎重、215(252)-132-139(4)-*-136(252)-67、地震/ステロ/あくび/吹き飛ばしよく凍った。よく焼けた。よく怯んだ。@メガ石陽気、181(84)-192(212)-151(4)-*-111(4)-182(204)、捨て身/地震/りゅうまい/身代わり陽気やつ当たりの火力足りなすぎて、泣く泣く捨て身に。捨て身と身代わりのせいで体力管理がアホみたいに難しい。@電気Z陽気、145-167(252)-106(4)-*-95-200(2...

続きを読む

【SMシーズン4使用構築】コケコカバ展開【最高2017/最終1907】

【構築経緯】対応範囲の広いワイボ,とんぼ,リフレクター,挑発@電気Zのカプ・コケコを使用したいと思い、こいつを初手に出しやすくするためにどうすればいいか考え、相手の水タイプ,草タイプを誘いやすいHDの起点作成カバルドンを次に採用した。コケコと地面(マンムー以外)が対面した時、またはカバルドンで起点を作成した後展開していけるメガ枠として身代わりメガマンダを採用。この3体を基本選出とし、残りはコケコとマンムーな...

続きを読む